わくちん?(その1)


f0129214_15102925.jpg






最近の私はと言えば…すこーしお勉強しておりました。
「ペットアカデミー」という通信講座を受け始め…受講内容を理解するために
ドロドロになりかけた脳みそをフル稼働させていたのです。

受講最初のテーマは「ワクチン」。

興味があったテーマのひとつだけど、素人で入手できる情報も少なく、
どちらとも判断を下せなかった代物がいきなり登場!!
(4月から受講したからそうなっただけなんだど^^;)



みるくは我が家に来てすぐに3回のワクチンを。
その後は1歳、2歳と毎年接種してきました。

なぜワクチン接種をしたのか…今思い起こしてみると
初めは「摂取するべきものだと思っていたから」です。

1歳になってしばらくして動物病院からハガキが届き
勉強不足な飼い主は何の疑問も感じず、むしろ義務だと勘違いする
勢いでワクチン接種を決行しました。

そして2歳の摂取時前くらいになると、いろんな声が聞こえてくるようになりました。
「ワクチンは本当に安全か?」
「3年に1回でいいんじゃないか?」などなど。

この頃になってようやく義務でないことに気づいたのかもしれません。遅っ。


そもそもその頃の私は別の勘違いもしていました。
ワクチンで予防する病気は感染・発症したらほとんどの確率で死亡する…と思っていたのです。
おバカですねぇ…病気の説明文すら読んでいなかったのです。
(ある程度説明を読んだ今でも危険の度合いは理解できていません)

だから2歳になった頃は、発症したらほぼ死に至る病気を予防できるのならば、
副作用などのリスクを背負ってでもワクチン摂取することを選んだのです。

そしてココにも勘違いがあります。
ワクチンを毎年接種すれば100%それらの病気を防ぐことができる!という思い込み。

できないんですね…。
ワクチンを打っても予防したはずの病気になる子もいるんです。




さて。
任意である予防接種。

■毎年接種する。
■3年に1回接種する。
■接種しない。


選択肢が増えました。


今、我が家なりの答えを出すためにいろいろ勉強中です。

免疫とは?抗体とは?
IgA抗体とは?IgG抗体とは?
自然免疫とは?獲得免疫とは?

疑問が疑問を呼んでなぜか免疫学を学ぶ?羽目になりました。難しい(ー'`ー;)。


学んで考えて結論を出し、私とQの二人共が納得した選択であれば
ワクチンを打つリスク、打たないリスク、どちらを背負ったときでも
家庭崩壊は避けられそうです。


私はどこまで理解でき、どこまで説明できるようになれるかしら^^;。
[PR]
by saiki-bb | 2009-06-05 17:00 | 彩紀のお勉強
<< わくちん?(その2) 永遠の発展途上犬。 >>